アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

椿山荘で桜ランチ

先日、ずっと行きたかった場所に行ってきました。
椿山荘(ちざんそう)です。フォーシーズンズホテルも隣接しています。
お友達のYちゃんに誘って頂き、私にとっては大変贅沢なランチをしてきました!

前面ガラス貼りになっていて、この日本庭園を見ながら、ランチを楽しめます。


      


ランチは、ブッフェ方式(食べ放題)。あれもこれも食べたい!!
テンションがあがるが、とある経験を思い出して冷静になる私。

以前、料理の鉄人・坂井さんの店の、ランチバイキングに行った時
それはそれは舞い上がりました。とりあえず、目の前のカレーライスを「普通盛」。
もちろんカレーでお腹いっぱいで、フレンチの前菜をあまり食べられず惨敗・・苦い経験です(笑)

という訳で、桜ブッフェは、色や素材を楽しみながら美味しく頂きました^^
最後はもちろん、お腹いっぱいで動けませんでしたけどね(・ω‐)

  
口の中でとろけるようなローストビーフは最高でした! 桜そば、海鮮ちらし寿司も美味!







  デザートを見ると
  今でも決して冷静になれません(汗)
  とりあえず全部食べる!!












桜を眺めながら、桜餅。今日一番、しっくりきた瞬間でした。


                 


椿山荘の歴史は、明治時代にまでさかのぼります。

椿山荘の周辺(東京都目白台)は、南北朝の頃から椿が自生する地で
「つばきやま」と呼ばれてい ました。
陸軍軍人で政治家の山縣有朋が、明治11年(1878年)に私財を投じて「つばきやま」を購入。
「椿山荘」と命名し、明治天皇をはじめ、当時の政財界の重鎮を招きました。

大正7年、関西財界で主導的地位を占めていた、藤田組の男爵が
「名園をありのまま残したい」という、山縣有朋の意志を受け継ぎましたが
昭和20年の空襲で、山縣公爵の記念館、一千坪の大邸宅、樹木のほとんどが灰に。


  
椿の木                       三重塔は広島県の竹林寺から移築されました


昭和23年(1948年)、藤田興業の所有となり
「戦後の荒廃した東京に、緑のオアシスを」のスローガンのもと、復興に着手し
昭和27年11月11日、椿山荘完成。結婚式場の名門として今にいたる・・というわけです。

東京の真ん中で、このような庭園があるなんてすごいな~と思ったら
長い歴史の中で、人々が志をもって作り上げ、大事に残してきたものなんですね。

「もの」は人より長生きします。
ある人が大切にしていた持ち物を、次の時代の誰かが大切にする。
その繰り返しで、骨董も続いていきます。もちろん、淘汰されてしまうものもあるけれど・・

先日旅したイエメンでは、何百年も暮らしの根底が変わってないのを見て、ショックでした。
日本は、この100年、50年ですっかり変わってしまった。
せめて、そのひずみの中で、取り残されてしまったものを救い出して
大切にしてくれる人に渡していけたらいいな~、と最近なんとなく思ったりしています。

■椿山荘サイト http://www.chinzanso.com/index.html
スポンサーサイト

| アンティーク店主日記 | 2008/04/10 | 03:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

近所です

こんにちは。ご無沙汰してます。
椿山荘って、私の幼い時のお散歩コース、そしてうちの下の子の保育園の続き、・・・今も毎日椿山荘の下の神田川沿いを歩いて帰ります。なぁ~んだ、会えたかもしれないのに、残念。
とは言え子連れには椿山荘は敷居が高いです。特にフォーシーズンズはいつ何を壊すかわからなくてヒヤヒヤですv-12
また来る機会があったら声をかけてね。
椿山荘は昭和六年の徳川侯爵家の移転の候補地でした。結局親戚である戸田子爵邸の後を請けたのだけれど(それが目白の現在地です)、もしそこで椿山荘の方を購入していたらどうなっていたんだろう、なんて考えながらいつもお庭を歩いたりしています。
という訳でまたね~。
なかなかコメントも残さずご無沙汰ばかりでごめんなさい。時々見にきてます。では~。

| かすがのおつぼね | 2008/04/10 16:07 | URL |

元気だった?

>かすがのおつぼねさん

お久しぶり~。椿山荘の近くだったのね~。
また行く時は連絡するね!またお話したいわ。

徳川家と椿山荘との間に、そんなことがあったとはe-2
実現していたら、それも素敵だったでしょうね。
小さい頃から、椿山荘をお散歩していたら
かすが姫のように、知的な女性になれるんだ!と思ったよ~。うーん納得e-69
こんな日記ですが、また読んでね~

| chie | 2008/04/10 17:17 | URL |

先日はありがとう。
私はこういう庭園が好きで、その中を歩いていると、その時代にタイムスリップした気分になります。
駒込の六儀園は特に江戸時代に戻った気になります。(残念ながら、私の前世はお屋敷に住む姫君ではなく、屋敷で働く女中でしょうが。。)
また一緒に行きましょうね。

| りっけんばっこ | 2008/04/11 10:02 | URL |

ありがとう!

>りっけんばっ子さん

椿山荘に連れて行ってくれてありがとう!
とても素敵な時間を過ごせました~i-80
駒込の六儀園も気になるなあ~
東京って都会なのに、意外と緑が多くていいわあ。
また一緒に行こうねーe-68

| chie | 2008/04/12 07:33 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabitozakka.blog98.fc2.com/tb.php/81-85ee42f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。