アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イエメン旅行記2 イエメン建築

イエメンにしかないもの。それは、この建物。
初めて写真で見た時の感想は・・・「お菓子の家みたい!」

   
(イエメンにうっとりしつつも、ヨーロッパっぽい部分を探してしまう私(汗)

首都である、「サナア」の旧市街の建築です。地域によって、デザインが多少違うんですね。
ブラウンの部分は、泥でできた日干しレンガ、白い部分は、しっくい。
イエメンは地震がないから、土で家を作れるんです。
しっくいは防水の役割だけど、センスの見せ所!!とばかりに、楽しいデザインでいっぱい。
旧市街は、どこを向いてもこの建物ばかりで、もう大興奮しました!!

「屋上に登れるホテルがある」、とガイドさんが教えてくれました。それは絶対登らなくては!
もちろんエレベーターもなく、街の標高は、なんと2300m!(吉祥寺は68m)
6階を登りきるのに、すぐに息がきれ、足取りも重く。。やっっとたどりついたのでした。

  
(屋上からサナアの街を眺める。気分は最高潮! 我が家のビートル君を発見!)

イスラムの国へは、過去にモロッコ、イランに行ったことがあります。
厳しさの違いはありますが、イエメンの生活は他のイスラムの国とほぼ同じ。
モスクでお祈りをする。お酒は飲まない。豚肉を食べない。女性は黒い布(アバヤ)で顔と体を隠す。
あまり出歩いてはいけないのか、街はほとんど男性ばかりでした。(女性の外食はダメみたいです!)

外務省の情報とは違って、旅行中はとても安全だったけど、過去にテロがあったことも事実。
念には念を入れてか、警察や軍の護衛付で(VIP待遇!)、砂漠の中を移動したりもしました。
行く前は不安だらけだったけど、やっぱり行ってきてよかった。
こんな素敵な景色に出会えたのですから。

★イエメン建築の写真は次回も続きます~。次は「ドア」コレクションです♪
スポンサーサイト

| 旅行記(イエメン) | 2008/04/01 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tabitozakka.blog98.fc2.com/tb.php/78-d19fc82f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。