アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カメラ日和スタジオ~古道具がいきる場所

雑誌「カメラ日和」が開催している、「カメラ日和学校」
その教材として、みずたま雑貨店の古道具をお貸ししました。





カメラ日和学校、私も生徒として参加させて頂いたのですが
講師の寺澤太郎大先生が、
私が古道具屋をしていることを覚えてくださったのです。
この日は、ウチの古道具を参加者の皆さんに撮影して頂き、本当に恐縮でした。


コツコツ、集めてきた古道具。
選ぶ時は、確かに自分の琴線にふれているのに、
売れなかったり、野外の骨董市では、 うまく魅力を引き出してあげられなかったり。
家の中では在庫があふれて、足の踏み場もない時もあります。
「なにやっているんだろう、自分」と思うこともしばしば。


けれどこの日、カメラ日和のシックなスタジオの中で
古道具が存在感を醸し出しているのを見ていると
なんだか泣きそうになりました。


時々、すごくへこむこともあるけれど、
古道具はやっぱりすばらしいし、
古道具を運んでくる人は この世の中に必要かもしれない。
他の人よりもほんの少し、自分にそれができるのならば、
もっと頑張ってみようと思いました。


こんな機会を与えてくださった寺澤先生、カメラ日和のスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。
カメラの腕も、もっとあげなくてはですね~・・。こちらも頑張ります^^;
スポンサーサイト

| アンティーク店主日記 | 2009/05/18 | 23:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。