アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大江戸骨董市

こんにちは~
今週の日曜、大江戸骨董市に出店します。

日時:11/2(日) 9:00~16:00

場所:東京国際フォーラム JR有楽町駅前

出店場所:C5-6

初めての出店場所。有楽町駅を背にして、向かって右の通りです。
角地のようなので、わかりやすいかな?

この1ヶ月、バタバタしていたので
この日は、ゆ~~ったりと過ごしたいなと思っています。
ぜひ、おしゃべりしましょうね


スポンサーサイト

| 「みずたま雑貨店」 お知らせ | 2008/10/31 | 13:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もみじ市

夢のような2日間が終わりました。




夏の始まりから、スタッフとしてお手伝いしていた「もみじ市」
昨日、無事終了することができました。

川のせせらぎが気持ちのよい河原には、
一粒一粒、宝石のように、キラキラ輝いている作家さんのお店。

草の上に寝べったり、子供たちが走り回ったり、思い思いにくつろぐお客さんの姿。

そして、ライブ会場からきこえるハーモニーが、もみじ市を温かく包んでいました。

2日間限定の市。

もうそこには、お店もお客さんの姿もないけれど、
また来年、再び出会えることを心から楽しみにしています。

スタッフとしての役目も終わり、また私には日常が戻ってきました。
みずたま雑貨店としては、早速今週の日曜(11/2)は、大江戸骨董市。

そして、2月のギャラリー展示へ向けて、走っていきたいと思います。
またまた忙しくなりそうですが、もみじ市に関わるすべての人から
たくさんのエネルギーをもらったから、きっと大丈夫。


写真:工房イサドさんの作品。スタッフとして余裕がなかったので、これが撮った唯一の写真。
古材でできたこの小屋だけは、仕事の手を休めて撮らずにはいられなかったのでした。

| アンティーク店主日記 | 2008/10/27 | 22:01 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もみじ市のお知らせです

「旅を口ずさみながら。」

いよいよ、今週の週末(10/25・26)、「もみじ市」が開催されます。
ものづくりに真摯に取り組む作家さんたちが、多摩川の河原に一同に集まります。
そのDMがこちらです↓↓



参加される作家さんは、有名な方だったり、新進気鋭の作家さんだったり。
皆さんの作られる作品や料理やスイーツは、心ときめいてしまうものばかり。

参加される方もすばらしいのですが、私が何より尊敬しているのは、主催者の方。

もみじ市がすばらしいと思う所は、あたたかい「つながり」があること。
「人」と「もの」とのつながり。「人」と「人」とのつながり。とってもあたたかいのです。
「つながり」を、とても大切にしている主催者さんの姿勢。
それが作家さんにもスタッフにも伝わって、いいイベントを作り上げているのでしょう。

初夏よりずっと、もみじ市のお手伝いをしていましたが、本当に貴重な体験でした。
あと数日後にせまっているもみじ市、皆さんが楽しく過ごして頂けるよう
頑張りたいと思います。(あ、みずたま雑貨店は出店しませんからね)

当日はスタッフTシャツを着ています。見かけたら、お声をかけてくださいね!
(土曜はライブ会場のあたり、日曜は、フードコーナーにいる予定?)

| アンティーク店主日記 | 2008/10/21 | 21:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節のおいしいものと木の道具。大好きなお店。

先週の日曜日、吉祥寺の「プロム・ナドゥ」で、中川たまさんに、お会いしました。
料理家の中川たまさんは、ケータリングユニット「にぎにぎ」として活躍されていた方。
現在は「季節のおすそわけLim」を通して、季節のおいしいものを提案されています。

たまさんとのご縁は、大江戸骨董市。みずたま雑貨店のブースにお越し頂いたのです!
とても素敵な方で、またお会いできたらいいなあ・・と思っていたところ、
「プロム・ナドゥ」で「季節のおすそわけ」を販売されるとのこと!喜んで、駆けつけたのでした!



たまさんから頂いたのは、「巨砲のコンポート」とハーブティ。
ぷるんとした巨砲の果肉をほおばると、ほんのりした甘みが口いっぱいに広がります。
巨砲の味をいかした丁度いい甘さで、これがすごく美味しい!
ヨーグルトと一緒に、昭和のガラスの器に盛り付けて頂きました。
ハーブティもとても美味しくて、飲みやすい味でとても気に入っています!

この日はたまさんを訪ねて行ったのですが、思いがけない嬉しい出会いがありました。
「プロム・ナドゥ」で開催されていた「木の器展」の、木工作家のの富山孝一さんと、
器や生活道具のお店「12月」を営む、ゆかさんのご夫婦。
現在発売中の「自休自足」秋号に、素敵な里山での暮らしが掲載されています。



「12月」という素敵なお店の存在は、自休自足の編集者さんから
以前から伺っていて、いつか行ってみたいと思っていました。
まさか吉祥寺でお会いできるとは!お互い知り合いの編集者さんが同一人物で
なんだか、偶然のような必然のような、嬉しい出会いでした。

ご主人の孝一さんの作られる木の器も、とても素敵。
木の本来の持ち味をいかした味わい、加工をほどこした曲線や直線が
とても素晴らしいのです!私は木の中では、道具がほしかったので
ナラ材でできたカッティングボードを連れて帰りました。
普段古いものを扱っているけど、自分で古いものに育てたことがない。
この子を使いこんで、「古いもの」に育てようと思っています。

「プロムナドゥ」は以前から大好きなお店で、
今までは買い物して、こっそり帰っていくだけでしたが(私も骨董商なので・・)
この日初めて、オーナーさんとごあいさつさせて頂きました。
横山さん、小林さん、ありがとうございました!

「プロム・ナドゥ」は、私が骨董商ではなく、
一人のお客に戻ってお買い物を楽しめる、大切なお店。
家から歩いていける距離に、こんなに素敵なお店があるなんて、とても幸せです!

この日は素敵な出会いがありすぎて、心がお腹いっぱいになったのでした。

| アンティーク店主日記 | 2008/10/16 | 22:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ギャラリー展示の打ち合わせ

先日我が家にて、2月のギャラリー展示の打ち合わせをしました。
相棒の坂本千明ちゃんに、今ある古道具を見てもらいました。

 

展示は来年の2月だけど、DMの撮影が11月の初旬。じわりと迫っていたりして。
千明ちゃんの版画と、私の古道具をコラボした写真を撮る予定です。
平面(版画)と立体(古道具)の融合、面白い試みではありますが、これがまた難しい!
版画と関連させて、昔の文具を登場させようかな~と試行錯誤しました。

いくつかDM案を出した後、展示をさせて頂く西荻窪のギャラリーへ移動。
自分の持っている古道具をどこに配置したらいいか、想像しながら見てみました。
しかし、ギャラリーは広すぎ!
普段、骨董市の畳2枚分のスペースに慣れているので、新たなる挑戦になりそうです。

これからのDM撮影、集客、そしてディスプレイ。すべてが初めての体験。
ひとつひとつ楽しみながら、噛みしめていきたいと思います。
千明ちゃんがいるから、とても心強い!今回、声をかけてくれてありがとう。頑張ろうね!

写真左:我が家の骨董の在庫スペース。
狭いアパートなのでそろそろ限界・・。お店か倉庫ほしいな~
写真右:家にあった文具系の古道具たち。書類ケース、はさみ、文鎮は日本のもの。
欧米の文字の入ったものを合わせると
日本の古道具も、いいあんばいで国籍不明になりますね。

| アンティーク店主日記 | 2008/10/15 | 00:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。