アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都のアンティークギャラリー ユキパリスコレクション

先日の帰省の際、ずっとずっと行きたかった
アンティークギャラリーへ行ってきました。

最近暖かくなってきたけど、この日は大雪だったんですね(泣)
2月の3連休の初日です。
寒いし、雪ですべらないようにと 体は緊張状態。
いっぱいいっぱいの状態だったけど
わくわくしながら、銀閣寺の近くまで歩いていきました。

ご紹介するのは、ユキ・パリス コレクション
17~20世紀ヨーロッパの、刺繍レースなど手仕事の作品、
手芸道具、資料のコレクションを展示しています。

アンティークの世界では、手芸用品が人気ですよね。
イニシャルの刺繍のハンカチとか、ボタンとか、糸巻きとか。
それらがすごい量で展示されていて、めまいがした程です(笑)

作品はとても繊細で、ホントに手仕事なの?と思うくらい。
こんなに細かい作品を仕上げるのは、長い時間がかかったはず。
時間の流れや人の気持ちが、とてもゆったりしていたのでしょうね。

現代は、機械やサービスの向上で、なんでも効率よくできます。
待つ時間が減った分、ちょっと待たされたり、思うようにならないとイライラしたり。
携帯やパソコンなしでは生きられないけど、手刺繍の盛んだった昔の時代、ちょっとうらやましいですね。





  さて、1階のショップです。
  刺繍ではなく、陶磁器やシルバー製品が
  展示されています。
  こちらは購入可能。
  







  日本の江戸のものから
  西洋のものまで様々なんだけど
  ユキ・パリスさんの審美眼で
  集められたものだから
  統一感があって
  とても空間になじんでいます。







私も、アンティークの仕事を志す一人として
この日、とてもよい刺激をうけました。

自分の目と感覚を信じて、集めたもの達が
こんなに素敵な気分にさせてくれる。
時を越えてきたものには、物語と味わいがあります。
そんな貴重なものを扱えるこのお仕事に
改めて魅力を感じました。

まだまだひよっこで、仕入れにも四苦八苦していて
思うように集められなかったりもするけれど、
いつの日か「みずたま雑貨店」らしい世界をお見せしたい。
そんな日を夢見て 頑張ります!



スポンサーサイト

| おすすめショップ | 2008/02/23 | 18:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風邪をひいてしまいました

実家から帰ってきています。でも東京に帰ってから調子が悪いです。
今日は熱っぽい 雪の中、歩いたせいかしら??
結構、強行スケジュールだったからなあ。

京都のアンティークギャラリー
ユキパリス コレクション」をご紹介したいのにな~。
あと、有名な乙女喫茶、「ソワレ」にも行ってきましたよ!

おっと、今日はバレンタインデーですね
私は、旦那さんにあげる予定です~。

皆様も風邪にお気をつけくださいね~
それにしても、電車の中、マスクしてる人多いね~。

| アンティーク店主日記 | 2008/02/14 | 20:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そうだ 京都行こう

実家のある、京都と大阪へ
この3連休、帰省してきます。
今回はあまり計画をたてていないので
多分行き当たりばったりの旅になりそう。
でも。 以前から気になっていた
アンティークのギャラリーへ行ってきます!
またブログでご報告しますね^^

それと、帰りの電車が「銀河」という
寝台列車なのです!(東京~大阪間)
今まで乗ったのは、上野~北海道の「北斗星」、
上海~北京間の寝台列車、
今回の「銀河」で3回目です!
高速バスや飛行機より、ずっとラクだし楽しい♪
でもこの「銀河」、3月で廃止されることになりました。(予約した時は知らなかった・・)
火曜の朝到着で、そのまま会社へ行くのを躊躇したけど、やっぱり思い切ってよかった!
火曜は仕事にならないと思うけど、ま~1日くらいOKですよね^^ ではでは明日から行ってきます!

PHOTO:チェコの市場
前回の食ブログつながりで・・。みずみずしくて、色鮮やかで、すごく美味しそう~。
パプリカの産地といえば、ハンガリーの方なんですけどね。
チェコ・ハンガリーアンティーク旅行記がストップしてる(汗) また帰ってきたら書き始めますね。

| アンティーク店主日記 | 2008/02/08 | 12:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

骨董屋が食について考える

今日は、アンティークや雑貨の話ではなく、食の日記。

先週、素敵な料理教室に行ってきました。
先生のYちゃんは、体にやさしい食生活、環境にやさしい暮らしを自然体で実践している人。
私の尊敬する友達であり、先生です。
そのYちゃんの暖かい計らいで、古いもの好きのイラストレーターのCさんとご一緒しました。
3人で楽しくお料理して、心もお腹も大満足な時間を過ごしました♪

chana


  つくったもの(後列左より)
  切干大根と干し海老の炒め煮・にんじんの白和え・キノコの塩漬けとほうれん草のおひたし
  カブの葉と岩のりのまぜご飯(Yちゃん作)・黒豆と高野豆腐のから揚げ・カブの味噌汁


今までいつも仕事優先で、お料理はマメにできなかった私。
Yちゃんからいい刺激をもらって、ズボラな私が最近お料理頑張っています。
会社で食べるお弁当も作り始め、これは私にとってすごい事件!
口にしたものは、その瞬間から自分の体の一部となるんですよね。
だったら、もっと食事を大切にしなくちゃ。何でも選べる時代だから、余計にね。

私が扱っている、アンティークの器がつくられた時代は
もっと自然と密接な食事、生活だったはず。
工場で作られた、インスタント的な食べ物を載せたら、器もびっくりするよね。
体と心と、大好きなアンティークの器のために、やさしいご飯を続けていきたいです。
(毎日のことだし、頑張りすぎると疲れるから、細く長く適度にネ^^)

| アンティーク店主日記 | 2008/02/05 | 13:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。