アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

西荻窪のアンティークな喫茶店★こけし屋

西荻窪のアンティーク店めぐりの帰り道
コーヒーを飲みたくなったので、「こけし屋」へ。
洋菓子、喫茶、フランス料理のお店です。

私と「こけし屋」の出会いは、
JR中央線の車中、乗客の方が持っていた
「こけし屋」の紙袋。
私のビビビアンテナ(笑)が反応!

郷愁を誘うキャラクター、こけしという名前。
赤青白の、フランスのトリコロールカラー。
「その店はどこですかっっ!?」 と
ききたい衝動を抑えて、携帯で検索。
(私の携帯はPCのサイトが見れるんです^^)
隣街の西荻窪と知って、また興奮したのでした~
(後に、伊藤まさこさんの本
「東京てくてくすたこら散歩」の中で紹介されてました)

こけし屋の店内は、ずばり昔の喫茶店。ルノアールみたい。
こんなに古いのに、老若男女のお客さんで賑わっていて、
「西荻にこけし屋あり!!」を見せつけられたのでした。
ケーキも焼菓子も昔っぽくって、かわいい。リーズナブルだし。
ノスタルジー、とはこんな店のことを言うんだな。

アンティークを見た後は、お茶もアンティーク喫茶で。とことんはまることにしましょう。

■こけし屋  http://www.kokeshiya.com/
杉並区西荻南3-14-6/03-3334-5111/火曜休み

 


スポンサーサイト

| おすすめショップ | 2007/11/30 | 04:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西荻窪のアンティークショップ★魯山と無相創

吉祥寺の隣駅、西荻窪
アンティークショップ雑貨店が多い素敵な街。
お気に入りの2店をご紹介します。

「魯山」(ろざん)
一歩店内に足を踏み入れると
その存在感に、圧倒されることでしょう。
店主の大嶌さんの目にかなった
古い器、錆びたもの、現代作家のもの。
唯一の世界をつくっている。ここにしかないもの。
凛とした空気。ちょっとコワイけどすごくカッコイイ!
ちなみに、以前ご紹介した
吉祥寺のbasecafeの内装は大嶌さんによるもの。
いつか大嶌さんとお話してみたいなあ・・

そして、私の大好きな「無相創(ぶあいそう)
無愛想? いえいえ、とてもフレンドリーな
店主ヨネハラ・マサカズさんが迎えてくれる。
(実は、みずたまはマサカズさんの隠れファン^^

古道具もディスプレイのセンスもすごくいい。
日本の古道具がたくさん並んでるけど、
この店は外国の香りがする。ドキドキする。
古材を利用して作った、
オリジナルの家具もすごくかっこいい。
先日の骨董市の時、
ディスプレイで使用した丸いお盆は、
こちらで購入しました。

かなりハイレベルな2店です。

■魯山            ■無相創
杉並区西荻北3-45-8   杉並区西荻北3-42-5
03-3399-5036       03-3301-2357
11:00~19:00       12:00~20:00
火曜休み          火曜休み
                www.buaisou.com

| おすすめショップ | 2007/11/29 | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンティークな街 金沢

アンティーク雑貨骨董好きな女子に
素敵な旅のご案内です。

「フィガロ」の金沢特集。
金沢旅行で、とてもお世話になった一冊。

2007年10月の始め、金沢へ行きました。
大大大満足な旅でした!^^
古い街並み。かわいいカフェに雑貨屋。
かわいい和菓子。昔ながらの骨董屋さん。
茶の湯の文化。伝統的な九谷焼。
話題の美術館が起こした、
アートなムーブメント。

伝統と今の気分が、うまく融合している街。
「今の自分にぴったりな街!!」
と感動してきました。



もっと金沢にはまりたい女子は
ぜひこの本を。 「乙女の金沢」

うっとりする素敵な写真が満載。
かわいいレイアウトは乙女好み。

最近、出会った素敵な友達も
この本を持って
金沢に行ったんですって。
彼女ももちろん、バリバリ乙女!

金沢好きな方はいませんか?
ぜひ一緒に金沢談義をしたい
ですね~!

旅の報告はまた後ほど・・・

| 旅行記(金沢) | 2007/11/24 | 12:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金沢旅行記  アンティークな街並み散策

金沢のすばらしいさのひとつが、古い街並み。
加賀百万石を誇った、かつての城下町です。
落ち着いた雰囲気の中にも、雅(みやび)を感じることができます。

ここは兼六園の東に位置する、「ひがし茶屋街」
その昔、京の祇園とともに、格式の高さを誇っていました。
今は、人気の観光スポットとなっています。


ずっと、古い建物が続いています。


昔からある、パーマ屋さん。


偶然、結婚式に出会いました。絵になっている二人。
花嫁さんの衣装の色が、久谷焼のような鮮やかさ。
もし自分も金沢人だったら、和装を選ぶだろうなあ・・と思いました。


伝統的な建物と、現代アートのコラボ。
コンピューターグラフィックの のれん。色合わせが美しいですね。


かわいい蝶が、羽を休めています。
金沢はアートの街。誰かさんの手仕事がこんなところにも。

(つづく)

| 旅行記(金沢) | 2007/11/24 | 12:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アンティーク雑貨と茶道

アンティーク骨董に目覚めてから
始めたことがあります。

茶道です
学生の時、よく母から
「嫁入り前に、お茶やお花をやっとかんとな」
と言われて、「ふる~~ぃ」と思ってました。

アンティーク着物に目覚めてから
着物は好きになりましたが、茶道は敬遠。
決まりきった形で動くことや
きっと、おばさま方のすごい人間関係があって
めんどくさそ~、なんて抵抗してました。

骨董の勉強を始めてみると
お茶碗やお茶の道具によく出会うんですね。
ある骨董店の主人から
骨董やるなら、お茶をやった方がいいよ。
極めなくても、ちょこっとやるだけでいいんだから」
と言われたら、
ウソのように茶道アレルギーがなくなりました。
近所に教室がないか探して、入門。(こんな時、行動するのが早いんです^^)

始めて3ヶ月で、ひたすらお茶を飲んでいるだけですが、とても楽しいです。
お茶碗を見て 「今日の器は、織部ですね」
という会話をしてると、骨董商冥利につきます^^。和菓子への興味も深まるばかり。

忙しい毎日を送っていますが
お茶をゆっくりと飲む時間、心がやすらぎます。 
昔々、千利休の時代から、こんなゆるやかな時間が流れているんだな~
と、ちょっと瞑想に近い心境。
いつか、お茶道具の骨董も扱えるようになりたいですね~。

さて、私のお道具を一部公開です。
扇子、ようじとようじ入れ、それらをいれるバッグ。うさぎ柄
扇子は開けないので、普段見せないのですが せっかくなので・・(和菓子柄です^^)

今夜はこれからお茶のお稽古に行ってきま~す!

| アンティーク店主日記 | 2007/11/22 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。