アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツ・ベルリン旅行記  蚤の市天国



外国の蚤の市が大好きな私。
「一番よかった蚤の市はどこ?」ときかれたら、
迷わず、「ドイツのベルリン!」と答えることでしょう。

見てください!このダンボールの山!(ゴミですよね・・きっと)
この中から、ゴソゴソほしいものを探し出すのです!
でもそこは東欧、普通のお家で使われているものが、かわいいのなんのって・・
今回の旅の目的は 「蚤の市」。さてどんな旅が始まるのか楽しみです。 (つづく)
スポンサーサイト

| 旅行記(ドイツベルリン) | 2007/04/19 | 21:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドイツ・ベルリン旅行記  宝の山?or ゴミの山?

ベルリンの蚤の市がどれだけすごいか。
いろんなタイプの蚤の市があるけど、一番圧巻だったのが
ここ、「Moritz Platz」。ディスプレイなんて概念はここにはありません。
おそらく、ドイツ中から集まってきた粗大ゴミ。ダンボールの山山山!

一瞬体はひるんだけれど、顔は笑っている自分に気づく。
私って、根っからの宝探し好きなのですね。
用意してきた軍手を装着し、この宝oゴミの山といざ格闘!!


下の方にいいものが隠れている率高し!
他の人が探さない所にお宝が眠っています。




左のダンボールのゲーム機の下に、シンプルなお皿が・・!

何時間も夢中になって、探しました。
軍手がなかったら、ここまで頑張れなかったです。軍手クンに感謝!


ちょっと整然としているな、と思ったら、別の場所の蚤の市でした。
でもダンボールは基本中の基本!・・のようです。

これは2005年の旅ですが、今思い出しても手に汗握ります!(つづく)

| 旅行記(ドイツベルリン) | 2007/04/19 | 21:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オランダ アムステルダム日記1

2005年8月15日から23日まで、オランダ・ベルリンの旅に出かけました。
それまで、オランダといえば、ミッフィーぐらいしか知らなかった私。
ある日、「オランダ・ホームスタイル」という本に出会いました。

20070412195113.jpg


カラフルでキュートで、あたたかくて。。
オランダインテリアの大ファンになってしまいました!

オランダはヨーロッパの中でも、人々が開放的、クリエイティブ、
そしてフレンドリーで家庭を大切にする国。
そんな彼らの『大好き』が、この本からあふれています。

20070412195410.jpg

オランダは人口密度が高い国ですから、この写真のように
1階はお店、2階以上はアパートになっています。
あのヴィトンの上も、アパートがあるんですよ。
やっぱり家賃も高いのかな^^

ちなみにここは、「ペー・セー・ホーフト通り」
ミュージアム広場の北側で、ブランドのお店が多く
アムステルダムで一番ファッショナブルな場所。
かわいい雑貨屋さんもありましたよ!

| 旅行記(オランダ) | 2007/04/19 | 20:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オランダ日記2 スキポール空港かなりオススメ!

オランダ・ベルリンの旅は、もちろんKLMオランダ航空で♪
オランダの玄関、スキポール空港は、ヨーロッパの中でも大きな空港です。

こちらは、屋上みたいな所。飛行機が飛び立つのが見えます。
この黒地に白のロゴ、かっこよすぎ!
外国に行くと、ロゴのデザインが良くて、ついつい見とれちゃいます!

CIMG0716.jpg

オランダ航空の色ってさわやかですよね。
デザインが素敵な飛行機のひとつです。(エールフランスもいいですよねv)
↓↓もっとKLMデザインについて知りたい方はこちらへどうぞ
KLMオランダ航空&ダッチデザインコレクションCIMG0714.jpg

カフェで、こんなかわいいパンケーキを発見!
オジサンが 飛行機の型 にいっぱい粉砂糖をかけて作ってくれました。
食べるのが、もったいなかったな~
アイスティーといえばレモンティなのか、レモンティばっかりでした。

CIMG0717.jpg

なんとスシバーもあるんです!握っているのは日本人。
日本のヘルシーフードの波がこんな所にまできているんですね。

20070416230050.jpg

他にも空港内に、美術館やカジノもあります。
なんて素敵なんでしょう!
オランダに行く人も通りすぎる人も、寄り道にオススメ!です


★オランダ政府観光局HPのスキポール空港の紹介★
http://www.holland.or.jp/nbt/holland_airport_schiphol_01.htm

★KLMオランダ航空のHP★
http://www.klm.com/travel/jp_ja/index_default.html

| 旅行記(オランダ) | 2007/04/18 | 23:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

オランダ日記3 私的ゴッホ美術館の見方

オランダの美術館といえば、
レンブラントの『夜警』で有名な、国立ミュージアム。
そして、
これまた有名すぎる ゴッホだらけの 『国立ゴッホ美術館』 があります。

その前に広がるミュージアム広場。
開館前に来てしまったので
朝の澄んだ空気の中、広場でゆっくり過ごしました。
なんと、ピンクのベンチですよ~。なのにいいかんじ。
日本なら、下品になってしまうところなのですが。
きっと、デザイン的に計算されたピンクなんでしょうね。
って、こんなこと考えるのも職業病・・・

CIMG0662.jpg

で、お待ちかねのゴッホ美術館です♪
ところが私は
肝心のゴッホの絵よりも、館内のデザインに心が奪われてしまったのです~
これはエレベーター。ロゴと扉の色がかっこいい!
怪しい日本人が、怪しい場所でパチリ★
誰もエレベーターの写真なんか撮らないと思います・・。

20070417225325.jpg

展示の仕方もモダン。
ゴッホのこってりした絵とは 対照的に
直線や白い壁をキャンバスに見立て、効果的に見せています。
まるで、センスのよい 雑誌の1ページのよう。
とにかく展示の仕方が、『今』っぽいんです。

CIMG0668.jpg

こちらは、館内のカフェ。
壁にかかっている絵をよ~く見ると
『ひまわり』なんですね~

CIMG0669.jpg

オランダって、政府が積極的に
デザイナーや建築家に
公共の建物を依頼するんですって。(この点も日本は遅れてますよね)
だから、こんな素敵な美術館ができるんだ。納得です!

1885年に開館した国立ミュージアムの方は、本気の美術館です。
レンブラントの『夜警』を見た時、
その絵の時代にタイムスリップしたような気持ちになりました。
美術にうといです 私。
だから、この絵は 素人でもわかるすごい絵 なのかも・・

どちらの美術館も観光客に人気でした。
『ひまわり』って、確か東京で見られるんだっけ。
個人的には、オランダのカッコイイ展示の中で
見るのをオススメしたいです!オランダへ行かれることがあればぜひ!


| 旅行記(オランダ) | 2007/04/17 | 23:43 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。