アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東欧チェコ観光 プラハ城とヴルタヴァ川(モルダウ川)



旅行から帰ると
「チェコって何があるんですか?」と、よくきかれます。
言葉で表すのは難しいけど、チェコは景色がとても美しい。
そして、私が一番美しいと思うチェコの風景はこの写真です!
ヨーロッパは何カ国か旅したけど、こんなに美しい風景は見たことがない!
しばし、うっとりとしてしまいました。

ここは、「カレル橋」から臨む「プラハ城」
プラハは、中央にヴルタヴァ川が流れ、
観光地の旧市街と「プラハ城」を、この「カレル橋」が結びます。
橋の上には、土産物屋、似顔絵書き、風景写真を売る人がいて、
1日中観光客で大にぎわい。

ちなみに、ヴルタヴァ川はドイツ語で、モルダウ川。
小中学校の音楽の授業で習いませんでしたか?
ちょっぴり物悲しいメロディが私は好きでした。
チェコの作曲家スメタナの交響詩「我が祖国」という曲の一部です。
調べてみると日本語の歌詞もいろいろあるみたい。
↓↓音楽も聴けるのでアクセスしてみてくださいね。(私はパターン2の下の方の歌詞だわ)
◆パターン1  ◆パターン2
鼻歌を歌いながら、この景色を見るのは最高でした!!
スポンサーサイト

| 旅行記(チェコ) | 2008/01/06 | 15:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェコ・プラハのアンティーク・古道具のお店

チェコ・プラハでは
アンティークショップ巡りをしました。
雑誌「旅」のプラハ特集の地図を片手に
街を歩きました。

突然、雰囲気のある路地が現れ、
誘われるように中へ。
素敵なお店がありそうな空気。 期待大です!

店名は「BRic a BRac(ブリック・ア・ブラック)」
どこかで見たことある?
・・「旅」の表紙になったお店だ!!
店内は、東欧雑貨がギッシリ、
足の踏み場もない。
ブリキのおもちゃ、電話、カメラ、時計、
アイロン、そしてアコーディオンまで!
「旅」の記事から引用すると
「これらは、この界隈の思い出を語る品」 なんだそう。

アンティークというより、古道具ジャンク品。ガラクタ好きな方はきっと楽しめるお店です。
ガラクタに見えても、お値段は少々高めかも。
アンティークは時を越えて、目の前に存在することが奇跡。
味わいや物語のお代と思えば、納得かな。

街角にはアンティークショップが結構あります。「旅」に載っているのはその一部。
「Antik」の文字が目印。その中から、自分の好きなお店を探すのも、楽しみのひとつ。
私が一番、ワクワクした店構えは、このお店でした!木のドアもいい味でていますよね^^

| 旅行記(チェコ) | 2008/01/06 | 15:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェコ・プラハのアンティークショップ リネン レース ファブリック



チェコのアンティークショップ第二弾。
こちらも、雑誌「旅」で紹介されいていました。
「Antique Ahasver」
チェコのアンティークショップの中で一番好きです!!

ほとんどのお店が古道具全般を扱う、なんでも屋さんなのに
このお店はファブリック中心。

女性オーナー、ディダさんがセレクトした、上質で愛らしいアンティーク達が
美しくディスプレイされています。

リネンのイニシャル入りのランチョンマット、テーブルクロス、レース、ドール・・・
女の子なら、皆うっとりしてしまうはず!!

この店構えも女の子らしさでいっぱいですよね。薄いピンクの壁がかわいい。
普段眠っている?女の子フェロモンが出てきそうな気がします^^
アンティークは1950年までに作られたものが中心。
私が買ったリネンもアールデコ(1930年代)でした。(大江戸骨董市で売っています)

| 旅行記(チェコ) | 2008/01/06 | 15:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェコ・プラハの蚤の市

チェコ・プラハの蚤の市にも行ってきましたよ。

プラハでは長らく蚤の市文化がなく
最近始まったばかり。
「Prague`s Old Town Antique Market」
は、毎週日曜日、カレル橋のたもとにある
複合施設「クレメンティヌム」の中庭で開催。
入り口にはこんな案内がありました。

正直、ちょっっっと寂しかったですね~~
ヨーロッパの他の国の蚤の市のような賑わいは
期待しない方がよいかと思います。

プラハに行くのは、日曜日より
アンティーク屋さんが開いている平日に行く方が
ベターだと思いました。

でも、スケジュールが合えば、行ってみる価値はあるかも。
アンティークは、一期一会の出会い。どこからやってくるのか、本当にわからないですから!

  

| 旅行記(チェコ) | 2008/01/06 | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チェコのあったかおやつ

チェコ・プラハの露店で
人気のおやつがあります。
この露店の前だけ、大行列!!
旧市街広場のクリスマスマーケットでも、
プラハ城の敷地内でも大人気!
(この写真はプラハ城)

名前はわからないんだけど、
揚げじゃなく、焼いたドーナツみたいなかんじ。

生地を薄く平らに伸ばして、
丸い金属の棒に巻きつけて、火の上に置きます。
時々棒をまわして、焼き目をつけます。
焼けたら、お砂糖の上でコロコロして
できあがり!

お店のディスプレイ、かわいいですよね^^
子供でなくても、見とれてしまいそうっ
おやつと一緒に、コーヒーやホットワインも売っていました。




   待った甲斐がありできたてのアツアツです!
   ←湯気が出てるんですよ~
   食感は、極薄のドーナツみたいなかんじ。
   とても甘くて、美味しかったです^^
   揚げじゃなく焼きだから、あっさりしてます。
   
   この日は朝からすごく寒くて、
   ちょっと疲れ気味だったのですが
   糖分補給で、元気になりました!






| 旅行記(チェコ) | 2008/01/06 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。