アンティークと雑貨と骨董市日和

旅する骨董屋 「みずたま雑貨店」の日記。 アンティークと雑貨とブロカント(古道具)に囲まれた生活~大江戸骨董市に出店しています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松本クラフトフェア

松本クラフトフェアに行ってきました。
と言っても、もう1週間もたってしまって、時の速さにびっくりしております。
久しぶりに帰った松本駅は改装されて、なんとスターバックスまで進出していました!
どこへ行っても東京と同じ店。 街の個性がなくなりつつあって、ちょっと寂しいですね・・


さてこちらは、松本クラフトフェアの開催地 「あがたの森公園」です。
高校の跡地で、モダンな木造校舎が今も残されています。

  
緑いっぱいの「あがたの森公園」         旧制松本高校の校舎。
                             図書館や集会所として使われています。


日本各地にあるクラフトフェアの中で、松本は一番人気。
応募が多くて、作家さんもなかなか参加できないんだとか。
なので とてもレベルが高く、素敵な作品にたくさん出会いました。(ホントに一部ですが写真をどうぞ)


  
有名な作家さんのブース。すっごく素敵でした!


  
菓子型みたいな器。                木 ・ 木 ・ 木がずらり

  
全部売れ切れた、リネンの洋服屋さん。     サビサビ、工具系も大好き。
かわいいから、みんな許してくれると思う。



   「旅する本屋」 COW BOOKS
   まさか松本でお会いできるとは・・!

   オーナーは、松浦弥太郎さん。
   現在、「暮らしの手帖」の編集長さんです。
   そういえば。 松浦さんに憧れて
   古本屋になりたい時期がありました。
   (実はまだ、あきらめてなかったりして)


  


   
   ランチはベトナムのフォー。495円。
   なぜ、495円かというと
   パクチーが別売りで、5円だから。
   私は、もちろんパクチー抜きです^^
   
  


「もう松本の道なんて、覚えてないな」と思っていたけど、いつのまにか思い出していました。
やっぱり私は、ここの住民で、友達も仕事仲間もいる。
地元と、東京の他に
そんな場所がある私は、とても幸せです。

一緒に行ってくれたMIKAちゃん、いつもありがとうね!

次回は松本の雑貨屋さんをご紹介~^^


■松本クラフトフェア  http://www4.ocn.ne.jp/~cfm/
長野県松本市 あがたの森公園
スポンサーサイト

| 美術館・展示会・イベントめぐり | 2008/05/30 | 20:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戸栗美術館 初期伊万里展

骨董のインプットがたりないなあ、と思う時。
骨董市もいいけど、目とセンスを養うために、美術館に行っています。

美術館のいいところは、そのジャンルの「名品」が見られること。
形とか、柄とか、そのただずまいとか。「名品」といわれるものは、やっぱり率直に美しいです。

昨日行ってきたのが、渋谷にある戸栗美術館
「初期伊万里展 素朴と創意の日本磁器」 を見てきました。

伊万里焼きは、主に白地に青色の柄が入っている磁器で、骨董市でもよく見られます。
「初期伊万里」とは字のごとく、伊万里焼きの初期のものなんですが、
素朴な味わいと、のびやかな絵付けで、骨董の世界では人気者なんです。


  


今回の展示で一番のお気に入りは、右の写真(図録)の壺。
蝶が気持ちよさそうに飛ぶ様子と、この余白が大好きです。
すごくへたっぴぃな絵もあって、「これが名品~?」と思うようなものもありました^^

豪華ケンラン、スキのない美術展を見ると、ちょっぴり疲れてしまうのだけど
この初期伊万里展、ほのぼのとしていて、クスリと笑えて、なかなか癒されました。


■戸栗美術館  http://www.toguri-museum.or.jp/home.html
渋谷区松涛1-11-3  03-3465-0070 月休 9:30~17:30





   昨夜つくった、小松菜の白和えです!

  
   小松菜って、
    ビタミン、カルシウム、鉄分がたくさん入った
   優秀な子なんです。

   それを知ってから、毎週買って
   せっせと食べております^^







| 美術館・展示会・イベントめぐり | 2008/05/22 | 11:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

益子笠間の陶器市

栃木県の益子、茨城県の笠間の陶器市に行ってきました。
朝6:20に出発、9:30頃に益子に到着するはずが、大宮駅で電車の乗り継ぎ失敗。
到着が1時間も遅れてしまいました(MIKAちゃんゴメン!)
益子駅のある超ローカルな真岡鉄道は、1時間に1本しかございません。皆様ご注意を~

さてさて気を取り直して、まずは益子チームです。

  

益子は、町全体で陶器市を開催しています。
普段から陶器を売っているお店に加えて、期間中限定のテントも登場。町をあげてのお祭りです。
お店ごとに、ディスプレイの什器も凝っていて、見て歩くだけでも本当に楽しい!

お楽しみのランチは、穀物菜食レストランの「JAMU LOUNGE(ジャムウラウンジ)」で。
お料理もインテリアも全部全部素敵で、東京にあったら通うのに、と思うくらい。

  
ひょうたんのかわいいランプが、とっても素敵。

お店の外壁。ブルーのタイル、こんなにかわいかった!?


自然の恵みを頂くと、心と体がホントに健康になるんだ、と実感するようになりました。
玄米菜食を中心とした、yukaさんの料理教室に通っている成果ですね~。
外食が続くと肌があれてくるし、野菜たっぷりの自炊を続けていると肌も調子がいい。
外出中にも食に思いをはせるようになった自分、ちょっと成長したなーと思います^^

  
味噌煮コロッケ(MIKAちゃん)           大豆のからあげ(chie)


そして午後は笠間の陶器市へ。大きな野外広場に、たくさんのテントが並んでいました。
所々にカフェもあって、青空の下、のんびり陶器の品定めができます。

今回一番嬉しかったことは、お気に入りの作家さんを見つけたことです。
稲吉さんという作家さん。骨董のやきもののような、味わい深い器を作っています。
土っぽいのに、ラインがすっきりしているので、とてもモダンでかっこいい。

  

何度も何度も、ブースの前を行ったり来たり・・・。
その間、考えたこと。
「この器を、ずっと好きでいられる自信がある?」
考えすぎちゃう理由があって。ものを少なくしようと、今たくさん捨ててる最中なんですね。
いらなくなるようなものを買った事、それを捨てる事に、すごく罪悪感いっぱいでした。

でもこんなに気になるんだったら、きっと相性が合うに違いない・・、と思って
飯碗とカップを、思い切って購入。
家に帰って眺めてみたら、買いの苦しみを味わった分、すごく幸せで愛おしい気持ちになりました。

  

今回、陶器市で、たくさんの作家さんの器に出会い、
手作りでしか出せない、器の味わいに感動しました。
器って、人の手で作っているんだ ・・当たり前の事を、再発見した次第です。


■益子陶器市 5/6まで  益子町観光協会HP http://www.mashiko-kankou.org/index.shtml
■笠間の陶炎祭(ひまつり) 5/5まで 笠間観光協会HP  http://www.intio.or.jp/kasama/

| 美術館・展示会・イベントめぐり | 2008/05/03 | 08:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最高の骨董 安宅コレクション

骨董のもつ、素晴らしさを実感した展示会です。
美術品」は敷居が高すぎて、敬遠してたのですが
「国宝級のものは、本当にいいんだワ」
と、目からウロコが落ちっぱなしでした!
やっぱり、いいものを見なくちゃ!!

安宅コレクション(あたかコレクション)」とは、
かつて日本の十大商社の一つであった
安宅産業株式会社が、
事業の一環として収集した約1000点に及ぶ
東洋陶磁コレクションです。(朝鮮や中国骨董)

その比類ないコレクションにまで築きあげたのが
安宅英一氏(1901-94)。美術品コレクターであり
第二次世界大戦以前からの日本のクラシック音楽界の
パトロンとして知られています。

展示のキャプションに
その美術品を手に入れた過程が書かれてあって
それを読むのも、展示の面白さのひとつ。
それはそれは、いろんな手をこまねいて美術品を手に入れるわけです。
(こまねく、という表現がぴったり!!)
美術品を持ってる相手の息子を、自分の会社に入社させ、食事に連れていったり・・とか。
綺麗な美術品の裏にある、妙に人間くさい話とのギャップが面白い。
その執念に近い、美への追求の姿勢は、けっして真似はできないけど
「人生やるときゃやらないかんのだ!」・・・と妙に励まされました。

東京で公開されるのは、30年振りということです。
その後、福岡、金沢へ大移動。私の大好きな「金沢21世紀美術館」にもお目見えします。
困ったことに、これを見たお陰で、とても目が肥えてしまいました。
高価なものはまだ扱えないけど、私の店に、いい栄養を与えてもらったな。
安宅さん、ありがとうございます!!


■安宅コレクション 12/16(日)まで
三井記念美術館
マンダリンオリエンタルホテル東京が同じビルです。隣が三越)
東京都中央区日本橋室町2-1-1



三井記念美術館にある喫茶店で、抹茶セットを頂きました。
いいものを見た後に、美味しいものを頂く。 幸せですね~^^

| 美術館・展示会・イベントめぐり | 2007/12/10 | 11:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンティーク 骨董の宝庫 『大徳川展』

大徳川展

アンティーク骨董好きなら、たまらないかも!
大徳川展』に行ってきました。(上野・東京国立博物館)
さすが、将軍徳川家!お宝の数々。
特別に骨董好き、でなくても、お宝に目を奪われるほどの豪華さ。
国宝が間近で見られます。
有名な水戸黄門様の印籠も展示してありましたよ~。
(光圀さんは実際に印籠は使わなかったそうですよ
着物や、お茶道具を見るのが楽しみだったけど
意外に、徳川家康の着た鎧に萌えました!
ぜひ見てみてくださいね。

12月20日まで。

| 美術館・展示会・イベントめぐり | 2007/11/11 | 21:12 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。